交流電機EF70

EF70といえば、Nゲージ黎明期の1967年に関水金属(現KATO)から初代が発売され
私みたいに古い鉄道模型ファンにとっては懐かしいモデルですが
1982年の最終形を最後にKATOからは廃番となって久しい電機です。
最近になり2002年にマイクロから発売されたEF70の画像をネットで見てから
購買意欲が異常に高まり先日導入しました。
この頃からマイクロ製電機の走行性能は良くなってますね~(フライホイールを搭載してます)
交流電機特有の屋根上の複雑な高圧配管の表現は秀逸です。
車輪はプラ輪芯を嵌め込んでいませんが黒染め車輪で下回りを引き締めています。
カプラーをKATOカプラーアダプターに換装してますが、スカートとスノーブロウが一体成形のため
交換には少し手がかかりました。細かい作業が困難になってきたかもしれません(笑)
d0039903_21261173.jpg

実車は交流電機としては初めてのF級で北陸本線用の列車高速化のために導入されました。
残念ながら東日本にいた私は写真でしか見たことがありません。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-07-13 21:34 | 鉄道模型(N)
<< 交流電機ED74-2 筑波鉄道今昔 >>