キハ30

国鉄より筑波鉄道に譲渡されたキハ30の写真をスキャンしブログにUPして以来
探していたMODEMOのキハ30一般色をようやく通販中古店より入手できました。
M車とT車のセットばらし品でM車が3,750円でした。
1999年にMODEMOより2輌セットで定価10,290円で発売されましたが
Nゲージを復活した昨年には店頭から消えてネットオークションや中古相場では
希少で高値で取引されてましたが、最近では相場も落ち着いた感じがします。
入手した車輌は試験走行程度でボディもきれいで新品同様です。
d0039903_2131952.jpg

キハ30特有の外吊引分け戸のモールドも良く表現されていて塗分け塗装や車体標記インレタも綺麗です。
前照灯尾灯は点灯し、TNカプラーが標準装備、グロベンが別部品で幌は2エンドのみです。
動力ユニットが車内に凸形に納められているため座席の表現はありませんが
DMH17形エンジンなど床下機器のモールドが他社のDC(M車)より立体的に表現されてます。

走行性能はKATOのDCに比べるとモーター音が若干大きい感じがします。
低速もききスムーズですが、横揺れしながら走る姿は実車に近いのかもしれません(笑)
MODEMOのDCによく見られる現象ですが、総体的には気に入っています。

因みに首都圏色セット、相模線色セットはメーカーに在庫があるみたいです。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-06 21:57 | 鉄道模型(N)
<< 通勤形気動車35系の外吊ドア 小さな踏切 >>