TOMIXキハ56、27とマイクロエース キニ58

今週はTOMIXキハ56キハ27とマイクロのキニ58のセットが入線しました。
TOMIXのDC、HGシリーズはバリエーションが多いですね。
58系の平窓、パノラミック窓、冷房準備車、65系、57系と北海道仕様の56系等。
マイクロの22系が入線してから北海道仕様の56系が欲しくなり探していましたところ
先日、PCの周辺機器を量販店で購入した際に鉄道模型コーナーを発見しました。
TOMIXしか置いていませんが2割引でして、ポイントを利用したところ実質2,100円の出費で
キハ56(M)+キハ27(T)を入手することができ、ラッキーでした。
▼TOMIXキハ27(奥)、マイクロエースのキニ58(手前)
d0039903_15522090.jpg

キニ58は中古通販店で発見し、本日品物が届きました。
カプラーが先頭はJC63タイプのTNカプラー、中間がボディマウントのTNカプラーに換装されていて
こちらでカプラー換装の手間が省け、更に新品同様の車体で、これもお得な買物でした。
これで昭和50年代の常磐線が再現できますが、こうなるとEF80が余計に欲しくなります。
走行性能はキハ56よりキニ58の方が静かでスムーズな感じです。
どちらも黒色車輪でHL・TLも低速より明るく、床下機器の表現も良くできてます。

▼TOMIXキハ27(奥)はキハ28-3000(手前)に比べて北海道仕様の小窓タイプです。
d0039903_167121.jpg

こうして比べ見ると、窓の高さが少し低いのが分りますね。

当鉄道に在籍の動力車を比べると、最近のマイクロの動力車はTOMIXの動力車より
性能が優れている感じがします。TOMIXのDCもキハ10系同様にFW搭載が望まれますね。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-10-29 16:20 | 鉄道模型(N)
<< BD34 国鉄バス マイクロエース 44系特急「は... >>