北の国を駆け抜けたDC

今日は立冬、暦の上では冬にはいりましたね。
これからは一雨毎に寒くなり、暖房器具が恋しくなる季節ですが
特に北海道などの寒冷地では本格的な冬支度がそろそろ始まる時期ですね。
また私の住んでいる関東地方ではお目にかかれない
雪や凍結防止対策された耐寒装備の列車が雪原を駆け抜けるシーンも魅力的です。

▼国鉄時代、北海道を駆け抜けたDCです。左からキハ27(TOMIX)キハ56(T)キハ22(マイクロエース)。
d0039903_21361993.jpg

模型では客室窓が一回り小さく、運転席の正面窓にデフロスターが耐寒装備の車輌を表現しています。
キハ22の床下機関は耐雪カバーが取付けられた状態になっていてエンジンが隠れているのは個人的には残念です。
キハ56系22系共黒色車輪で下回りが引締められいます、キハ22はTNカプラーに換装しています。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-11-07 21:57 | 鉄道模型(N)
<< 架線(かせんorがせん) 水郡線のDC >>