KATO スハ43系

今日の茨城県は久しぶりに本格的な雨ですが、豪雪地帯にとっては雪崩が心配ですね。
今年初めての真岡鉄道詣での予定でしたが残念ながら中止です。

KATOのHPでは旧客スハ43系のリニューアル製品の発売予定がUPされてました。
3月発売予定でスハフ42のテールランプ点灯、ベンチレーター別部品、ローフランジ黒車輪
サスペンション機構、台車のブレーキシューが車輪の前に取付いて実感的になるそうです。
オハ35系みたいに青色・茶色の塗装別にドアも作り分けてあり、編成の楽しみが増えます。
▼現行品のスハフ42、台車はTR47で定価1,260円です。テールライトは点灯しません。
d0039903_16421179.jpg

リニューアル品のスハフ42は1,785円で本体で500円アップです。
スハ43、オハ47は1,470円で本体で100~200円アップになります。
▼現行品のオハ47、台車はTR23を装備し定価は1,375円です。
d0039903_16494653.jpg

アルミサッシ化された窓ガラスもメークアップパーツ(4輌分)で発売予定です。

室内灯をつけて往年の夜行列車や蒸機牽引の急行列車を再現する巾が拡がりますね~
[PR]
by nanbu-sl | 2006-01-14 16:52 | 鉄道模型(N)
<< 車輪止 KATO C58 >>