真岡鉄道DE10-1535

日中降り続いた雪も止み静かな雪景色の夜ですが、明朝の路面凍結が心配です。

先日の記事でDE10の3軸部分台車について記載しましたがNゲージについて調べてみると
マイクロの標準色とわたらせ渓谷鉄道は実車同様DT132Aになっていまして
先日も記載しましたがKATOとTOMIXは後期台車のDT141を模型化していますね。
因みに実車の1500番代は1550番以降がDT141台車になっていました。

▼DT132A台車を装備した真岡鉄道DE10-1535です。DT141とはスプリング部分の形状が違ってます。
d0039903_2132524.jpg

DE10-1535は昭和46年に青森機関区に新製配置され平成9年に宇都宮運転所へ転属されました。
その後平成16年に真岡鉄道に譲渡され、SLもおか号の回送や工臨牽引に運用されています。
A寒地仕様として新製されましたが、現在は旋回窓やスノウプロウが外されてまして
ホイッスルカバーがそのなごりを残しています。
青森県出身の私にとって東北地方で活躍した機関車は興味深く親近感が沸きますね~
[PR]
by nanbu-sl | 2006-01-21 21:52 | 鉄道風景
<< 日々雑感060122 マイクロエース DE10 1005 >>