トラコレ第2弾 コンクリートミキサー車

トラックコレクションの第2弾が先月下旬に発売されましたが
モールドのシャープさや塗装の塗りわけなど綺麗で、ミキサー部分は回転します。
個人的には「おもちゃ」の域を越して「模型」のレベルになっていると思います。
食玩的な価格(420円)で中国製とはいえジオラマのアクセサリーとしては秀逸ですね~
こうなると先行発売されている他社のトラックは比較されると厳しいですね(笑)
▼左側いすゞギガは現在よく見かけますが、右側日野ZMは昭和40~50年代に見られた生コン車です。
d0039903_2213744.jpg

コンクリートミキサー車は工事現場などでは通称「生コン車」と呼ばれています。
一般的に建設工事などでは一つの建物には品質管理上、同一のプラントから生コンクリートを
供給する為に、工事現場では写真のように違うメーカーや違うプラントの生コン車が並ぶことは
一部の例外を除いてはありませんね。
こだわる場合は、レイアウトで工事現場のジオラマを製作し2台以上の生コン車をレイアウトする際に
同じコンクリートメーカーの生コン車で統一された方がより現実的に見えますが
まぁ模型の世界ですからそこまで拘る必要がないのかもしれませんね~(笑)
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-01 22:23 | Nスケール・アクセサリー
<< KATO DF50のナンバー マイクロエース C61軽加工 >>