インレタ加工で四国に配属!

昨日の記事でKATOのDF50に付属しているインレタは四国に配属された号機はなかった
と記載しましたが、インレタの一部をカットするだけで四国に配属されたDF50になるんですね~
四国型の国鉄ファンのかたはお試しになってはいかがでしょうか・・・

追記:浦島支線さんが早速インレタ加工の四国配属機に仕立てた画像を掲示板に貼っていただきました。



509の9をカットした50号機は昭和43年から昭和58年まで高松に配属されてました。
533の5をカットした33号機は昭和41年から昭和56年まで高松に配属されてました。
564の4をカットした56号機は昭和43年から昭和56年まで高松に配属され、その後
昭和58年には高知運転所に配属されていたことが判明しました。

インレタだからこそ簡単に出来る加工ですが、あくまでナンバーだけが四国にいたDLで
前面補強板などの四国タイプの形態とは違いますので、ご注意下さい。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-03 15:29 | 鉄道模型(N)
<< モペットコレクション KATO DF50のナンバー >>