DF50のユーザー取付パーツ

先ほどKATOのDF50にインレタ、パーツ取付け完了しました。
いやぁ~手間がかかりますね。TV観ながら作業したもので2時間もかかりました(苦笑)
パッケージ裏側に「対象年齢8歳以上」と記されていますが・・・小学生にできるかなぁ?

インレタは郡山にいた564号機に仕立てたので、「DF50」と「564」を別々に貼り付けたため
時間がかかりました。DF50 54は一体になっていますので半分位の時間で済むと思いますが
他の号機のインレタもナンバープレートと同様にDF50と一体にして製作してくれた方が親切です。
このへんはメーカーに改善の余地がありますね。
多分KATOのDF50は54号機が多数出現するでしょうね~(笑)

前面のナンバー位置は実車の写真を参考に、貫通扉脇手摺下端とナンバー下端を揃えました。
側面のメーカーズプレートはピッタリはまり気持ちがいいですね。
汽笛は冶具をはめ込んでからランナーを切り離し、取付けるとスムーズに出来ます。
手摺が付いているランナーは太いのでカッターよりニッパで切り離した方がきれいにできました。
取付け順はインレタ、信号炎管、汽笛、手摺がお薦めです。

カプラーは1エンドがナックルカプラー、2エンドはカトーカプラーアダプター(短)に換装しました。
付属のカプラーアダプターは長タイプなので使いません。

サスペンション機構は以前発売のDD51より硬い感じがします。
画像は後日掲載します、今夜は苦労した(笑)564号機を眺めながら酒を喰らうことにします。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-13 23:19 | 鉄道模型(N)
<< DF50比較レポート 鉄コレ動力ユニット >>