スハフ42新旧

GW最後の休日の関東地方は雨天で予定がくるった方も多いのではないでしょうか。

そういう私も予定を変更してキハ55系のパーツ取付、インレタ貼りなど地味な休日を過ごしました(笑)
▼ついでにKATOのスハフ42新旧、両タイプの比較研究などしてみました。右が新タイプです。
d0039903_20464714.jpg

よく見るとサボ受け(差し)の位置が新旧では車端と客用ドア右側とで違っていますね。
これは実車の写真を見ると両方のタイプがあり、どちらが間違いとはいえないようですね。

窓枠が窓ガラスパーツと一体となった新タイプは窓ガラスの透明度が増した感じがし
よりリアルになりましたが、20年以上前に製造された旧タイプも並べ見比べても
まだまだ充分通用する感じがしたのは、改めてKATOの技術力の高さを感じました。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-05-07 21:00 | 鉄道模型(N)
<< 更新が滞ってますが 懐かしき旧客急行 >>