KATO・ED75考古学

交流電機のなかでは一番好きな電機で、特に屋根上の配管や碍子の雰囲気が好きです。
私がNを始めた1984年には一般形、耐寒形、700番代と3種類製品化されてました。
調べると1981年に初代が発売されたそうです。TOMIXや学研はそれ以前に出てました。
一般形、耐寒形を購入し、北国の旅客列車を走らせていましたが
初代はスカートが台車マウントでカーブを通過する姿は違和感がありましたね。
二代目は1989年に発売され、スカートがボディマウントに変更され走行状態も向上しました。
早速耐寒形を購入し初代のモーターを外し重連で貨物列車を走らせました。
下の写真は1990年に貨物試験塗装として限定発売されたものです。
15年経って先日マイクロから重連仕様で発売されましたね。
後年、息子に譲ったため手元にありませんが、今ではプレミアがついてるみたいです。
当時のデジカメで撮った画像なので見にくいですが、実物の塗装は綺麗でした。
d0039903_940668.jpg



その後三代目以降、パンタ基部の台座がリアルになり、ボックス形動輪の表現がされ
現行品はフライホイールが搭載され、運転席がシースルーになりました。
下の写真は昨年末購入した700番台の現行品です。(写真は削除しました)
本当は耐寒形が欲しかったのですが入手困難な状態が続いてますね~
[PR]
by nanbu-sl | 2005-05-29 10:03 | 鉄道模型(N)
<< バスコレ6弾国鉄バスを求めて 二日酔いの友 >>