カプラーあれこれ

先日『鉄ヲタのパパ』さんのブログで紹介されていた「SHINKYO連結器」ですが
なんと、甚六郎さんの掲示板でお見かけするハリマオさんが輸入元でした。
早速通販でハリマオさんから送っていただき、今月始めに届きました。
今日は平日に休暇をとりまして、早朝からカプラーを取替えてみました。
DF50は蜜自連TNカプラー、右のDE10にSHINKYO連結器を付けたのが下の写真です。
マイクロのDE10は端梁のモールドが良くできているのでSHINKYOに取替えるとリアルですね。
d0039903_9404950.jpg

KATOカプラーNを付けたワムとも連結可能ですし、車両間隔も実車に近い感じです。
d0039903_9431161.jpg

このカプラーはKATOのナックルカプラーやカプラーN、TOMIXの蜜自連カプラーとも
連結可能で形状もリアルですし、なんといってもカプラーNよりも安いのが(定価)いいですね~
d0039903_9464418.jpg

上の写真左から順にSHINKYO連結器(19.7円)TOMIX蜜自連TNカプラー(52.5円)
KATOナックルカプラー(131.25円)KATOカプラーN(21円)アーノルドカプラーです。
取付け方や加工方法については『鉄ヲタのパパ』さんのブログに詳しく載ってますので
一度覗いて見て下さい。先日は一日のアクセスが500を越えた凄いブログですよ。

追記 SHINKYO連結器は軸の長さの関係で客車やボギー台車の貨車には最適です。
    二軸の貨車でカプラーポケットのタイプはKATOカプラーNやTNカプラーのほうが
    見た目では適してる感じですが、他との互換性に関してはS連結器が優れてますね。
    マイクロのDE10や河合のB6はカプラー取付部が他よりS連結器に合ってます。
    短尺のS連結器が発売されたらばボディマウントの機関車にピッタリですね~
    
    
    
[PR]
by nanbu-sl | 2005-06-08 09:57 | 鉄道模型(N)
<< 筑波鉄道のキハ10 日立電鉄 デッキガーダー橋 >>