カテゴリ:鉄道模型(N)( 103 )

TOMIXキユニ26

最近のNゲージ界では郵便車や荷物車が人気アイテムらしいですね。
▼キロハ25から改造されたキユニ26がプロトタイプみたいです。
d0039903_2262755.jpg

旭川工場や苗穂工場で改造された車輌も数量ありますからキハ56系や22系に連結しても
似合いそうです。
と思いましたが、北海道にいたのはキロ25を種車としたタイプでエンジンがキャブ側についています。
エンジンが後位に付いているのはキロハ25と同じですね。

追記:当時の配属を調べましたが、常磐線や東北本線には配属されていませんでした(残念)
[PR]
by nanbu-sl | 2006-04-06 22:16 | 鉄道模型(N)

TOMIXキハ55

昨日、TOMIXのキハ55バス窓(M+T)、キユニ26が入線しました。
キハ10系同様に走行性やディテール、塗装共素晴しい出来栄えです。
▼ユーザー取付パーツや車番インレタを貼付け前のキハ55バス窓(T)です。
d0039903_215202.jpg

これで常磐線を駆け抜けた1960年代の準急「ときわ」を再現することができます。

今回はM車がキハ26共2輌セットのみとは残念ですね~単品の発売が望まれます。
製品のインプレは付属パーツ取付後、掲載する予定です。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-04-03 23:01 | 鉄道模型(N)

KATO 北斗星グランシャリオ

予約制の食堂車「グランシャリオ」で、豪華な食事を楽しむのも北斗星の旅ならではですね。
▼交直流形電車特急の食堂車サシ481などを改造したスシ24-500番代。
d0039903_10353899.jpg

ランプシェードが点灯し食堂車の賑わいを醸しだしています。

北斗星がデビューしてから、北海道への旅は殆ど飛行機を利用していますので
残念ながら私は北斗星に乗車したことがありません。
いつの日か、のんびりと寝台列車に揺られて北海道を訪ねてみたいと思ってます。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-03-21 10:44 | 鉄道模型(N)

KATO 24系北斗星

我が鉄道ではJRマークが印刷されているため購入してから暫く休車扱いになっていた列車があります。
▼KATO24系北斗星基本セットのオハネフ25-0番代です。現在は生産休止になっています。
d0039903_22402799.jpg

折妻面は付属のジャンパ栓付ダミーカプラーに換装しています。
このセットは室内灯とカトーカプラーNが標準装備で、発売時は人気が高く私もつられて購入しました。
折妻形のオハネフとカニは好きな形ですが、印刷されたJRマークが当鉄道の趣旨と違うため
残念ながら休車となっていましたが・・・
若い頃出張で良く利用した「出雲」が廃止となったのを切っ掛けに引っ張り出してみました。
▼大きなJRマークが気になるカニ24-500番代、この形は好きなんですがね~(笑)
d0039903_232629.jpg

[PR]
by nanbu-sl | 2006-03-20 23:08 | 鉄道模型(N)

KATO C57 1軽加工

3月に入ると、毎年「やまぐち号」の運転を楽しみにしているファンも多いのでしょうね。
C571は1979年より「SLやまぐち」号の牽引機関車として復活後27年間の長きに渡って活躍しています。
復活から4年後の1983年にNゲージプラ製完成品としては初めてのC571がKATOより発売されました。
▼1996年に入線したKATO製を煙室扉ハンドル、空気弁カバー、灰箱に色差しして軽加工してみました。
d0039903_857456.jpg

長さは他社に比べて少しスケールアップしていますが好ましいプロポーションはKATOの得意とするところですね。
軽加工前の製品画像は2005年8月18日の記事に載っていますので、ご覧下さい。

実車は1937年(昭和12年)に川崎車輌で製造、水戸機関区に新製配置され常磐線を駆け抜けました。
以降、宇都宮機関区、千葉機関区を経て新津機関区では20年以上も活躍しました。
1972年に梅小路蒸気機関車記念館が開設するにあたり梅小路に転属して現在に至ってます。

梅小路に移る前の1971年に、古巣の常磐線や総武線で記念列車を牽引しましたが
復活してからはJR西日本エリヤだけの運行です、いつの日か東日本への里帰りを夢見ています。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-03-05 09:18 | 鉄道模型(N)

DF50比較レポート

KATOのDF50が発売になって各サイトでは、この話題や製品画像で盛り上がりを見せていますが
今日は先行発売のマイクロ製と比べてみることにします。
▼写真右側がKATO製DF50-564、左側が昨年9月発売のマイクロ製DF50-60です。
d0039903_1949320.jpg

動力ユニットは両者共FW搭載で走行性能は低速よりスムーズで、特にKATO製は非常に静かで
KATO得意の惰性走行が効き運転派にとっても楽しいですね。
マイクロ製は四国タイプをプロトタイプにしているので前面補強板がモールドされていて
更にタブレット防護柵やラジエターグリル上部に冷却水散水管が表現されています。

どちらもスケールは1/150でDF50の特徴を上手く捉えて模型化してると思います。
モールドはKATOがシャープで、マイクロはディフォルムが少し大きめで
浦島支線さんの言葉を借りると「醤油顔のKATO」と「ソース顔のマイクロ」ですかね~

因みに両者とも当鉄道最小曲線R=177は難なく通過できます。

More
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-14 21:09 | 鉄道模型(N)

DF50のユーザー取付パーツ

先ほどKATOのDF50にインレタ、パーツ取付け完了しました。
いやぁ~手間がかかりますね。TV観ながら作業したもので2時間もかかりました(苦笑)
パッケージ裏側に「対象年齢8歳以上」と記されていますが・・・小学生にできるかなぁ?

インレタは郡山にいた564号機に仕立てたので、「DF50」と「564」を別々に貼り付けたため
時間がかかりました。DF50 54は一体になっていますので半分位の時間で済むと思いますが
他の号機のインレタもナンバープレートと同様にDF50と一体にして製作してくれた方が親切です。
このへんはメーカーに改善の余地がありますね。
多分KATOのDF50は54号機が多数出現するでしょうね~(笑)

前面のナンバー位置は実車の写真を参考に、貫通扉脇手摺下端とナンバー下端を揃えました。
側面のメーカーズプレートはピッタリはまり気持ちがいいですね。
汽笛は冶具をはめ込んでからランナーを切り離し、取付けるとスムーズに出来ます。
手摺が付いているランナーは太いのでカッターよりニッパで切り離した方がきれいにできました。
取付け順はインレタ、信号炎管、汽笛、手摺がお薦めです。

カプラーは1エンドがナックルカプラー、2エンドはカトーカプラーアダプター(短)に換装しました。
付属のカプラーアダプターは長タイプなので使いません。

サスペンション機構は以前発売のDD51より硬い感じがします。
画像は後日掲載します、今夜は苦労した(笑)564号機を眺めながら酒を喰らうことにします。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-13 23:19 | 鉄道模型(N)

鉄コレ動力ユニット

冬季オリンピックが開幕になり日中は寝不足気味ですが、皆さんはいかがですか~

今日外出した際に立寄った模型店で鉄コレ12m用動力ユニットを発見、早速購入しました。
15mユニットに比べ、いたる処で品切れが続いていた12m動力ユニットですが
▼これでようやくデキ101が動力化でき、南部蒸気鉄道に入線いたしました。
d0039903_20503180.jpg

ところで鉄コレ2と同時期に発売予定の新動力ユニットは現行の黒色車輪と違って
従来の銀色車輪での発売となるそうですが・・・
噂では黒色車輪の集電不良のクレームが多いため、従来の銀色車輪での発売となったらしいですが
当鉄道では集電不良など微塵も感じられませんがねぇ~
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-12 20:59 | 鉄道模型(N)

最後のハドソン機 C60

ハドソン機(2C2の軸配置)としては有名なC62の影に隠れて、意外と知られていませんが
国鉄最後に誕生した蒸気機関車はC59の軸配置を変えて昭和28年に登場したC60です。
▼マイクロエースから平成10年に発売されたC60東北型です。灰箱、煙室扉ハンドル等に色差ししています。
d0039903_17304221.jpg

↑は灰箱に錆色、煙室扉ハンドル・空気弁カバー・汽笛に金色、副灯に銀色の色差しを施しています。
製品は「はくつる」のHM、煙突両側に小さなデフとシールドビーム副灯が装備されていますが
東北型と名のるならばスノウプロウを取り付けて欲しかったですね~

同時期にC59も発売されましたが、幹線用特急機関車のC59は東海道、山陽本線で
特急牽引していたせいか人気がありC60より売行きが良かったみたいです。
KATOのカタログにC59、C60が発売予定品として実車の写真が掲載されていますが
早期発売を望みます。かつてC55は、発売予告から数年待たされましたねぇ~(笑)

実車について
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-11 17:39 | 鉄道模型(N)

初めてのNゲージ

1984年、子供にプラレールを買い入った玩具屋の近所にあった模型店のショーウインドウで
見かけた鉄道模型に魅せられて、試しに買ってみたNゲージの1輌がKATOのキハ20。
走らせてみようと一緒に基本セットのレールとパワーパックを購入。
帰宅して早速、子供のプラレールの脇で試運転・・・以来その魅力にとり付かれています(笑)
一時中断した際に古い車輌の一部は売却したり知人に差し上げてしまいましたが
▼この初代のキハ20は一番最初に導入した記念車ということもあり今でも残っています。
d0039903_23491988.jpg

初期のタイプは昨年リニューアルされたタイプに比べて動力車の車輪がT車より一廻り大きくて
凸型の動力ユニットも古く、ジージーと威勢の良い音を立てて走行しますが
それがまるで旧式DCのエンジン音みたいで愛着がありますね~今でも現役で快調に走行してます。

皆さんが最初に購入したNゲージは、どんな車輌でしたか?
[PR]
by nanbu-sl | 2006-02-09 23:56 | 鉄道模型(N)