<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

街並コレクション4 バス車庫

今月は納入物件が重なり久しぶりに忙しい月でした。
お陰で中旬に発売され、箱買いしていた街コレ4を組立てるのを忘れてました(笑)
仕事が一段落した今日、最初にバス車庫を組立ててみました。
間口8.5m奥行11.5mで床面積27.8坪位のバス車庫としては小規模ですね。
木造平屋建て軒高4.2mで路線バス2台が収容できます。
波型カラー鉄板葺きの屋根と竪羽目板張の外壁のウエザリングの効いた塗装は
昭和中期の頃のおもむきを感じさせられます。
▼勝俣交通㈱駅前車庫、内部まで表現されてます。
d0039903_21532770.jpg

[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-30 21:58 | Nスケール・アクセサリー

kATO ヨ5000

国鉄時代、走り去る貨物列車の最後尾の車掌車の尾灯は趣のあるものでしたが
現代では走行する車掌車は模型の世界でしか見ることが出来ませんね。
▼先日発売されたKATOヨ5000です。たから号のセットに付属していたヨ5000の色違いバージョン。
d0039903_23471474.jpg

両側のテールライトが点灯し、車掌車では、はじめてオプションで室内灯が組み込めます。
側面のリベットや屋根面のルーフィング重ねラインがシャープなモールドで表現されてます。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-29 23:54 | 鉄道模型(N)

マイクロエース EF62-15

20年近くTOMIXの独壇場だったEF62ですが、昨年末にマイクロから青、茶色の2種類が発売されました。
▼1次型をプロトタイプとしたマイクロ製、定価7,140円。TOMIXは2次型をプロトタイプにしてます。
d0039903_1645062.jpg

「山のシェルパ」と呼ばれたEF62の特徴であるC-C形の台車のモールドも良く仕上ってます。
乗務員ステップがモールドされ、黒色車輪ですが輪芯パーツが嵌めこまれていない点は残念です。
勾配のついた前面窓やしゃくれた感じのスカート形状はEF62の特徴を良くとらえています。
屋根上のモニター窓にプラパーツが嵌め込まれHゴムや高圧配管に色差しがされてます。
樹脂モニターカバーの色合いはTOMIXよりリアルな感じがします。
▼前面警戒色の塗り分けは品質が高く、運転席はシースルー化され淡緑色で塗られてます。
d0039903_1703950.jpg

↑の写真はKATOカプラーNに換装しています。避雷機は初期型が取付けられています。
前照灯も明るく、フライホイールを搭載し低速よりスムーズな走行性能ですが
KATOのFH搭載機よりモーター音が少し大きい感じがします。

実車は1962~1969年に信越本線用本務機として54輌が製造され、EF63を補機とした
碓氷峠越えで活躍し、上野~長野間直通牽引機として使用されスキー列車も牽引してました。
後年は余剰機の半数が下関に転属し汐留~下関間の荷物列車を牽引してました。
1999年に全車廃車となり形式は消滅しましたが、模型の世界では勾配、平坦問わず客車、貨物、荷物車の
牽引機としてオールマイティで、更にEF63との協調運転で碓氷峠越えを再現できますね。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-25 17:22 | 鉄道模型(N)

モハ414の屋根

415系のパンタ廻りに色差しをする参考資料としてモハ414のパンタ廻りを撮りました。
電車の屋根はパンタのシューから出る金属粉の汚れが目立ちますね。
d0039903_1633185.jpg

▲JR常磐線神立駅にて撮影
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-24 16:06 | 鉄道風景

マイクロエースDF50カプラー換装

カプラーをKATOカプラーNを加工して換装しました。これだけで、かなりリアルに感じます。
▼1エンド前面です。前面補強板や開放テコ、スカートにホース類やジャンパ栓がモールドされてます。
d0039903_14351036.jpg

▼公式側です。DF50には旧客が似合いますね。
d0039903_1437672.jpg

KATOカプラーNをマイクロのELやDLに取付ける方法は「鉄ヲタのパパのお部屋」に詳しく載ってます。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-23 14:43 | 鉄道模型(N)

お陰さまでアクセスが5,000を超えました。

5月2日にブログを開設して4ヶ月半が過ぎ、お陰さまで昨日累計訪問者数が5,000を超えました。
拙い内容と駄作の画像だらけの私のブログにお出で頂きありがとうございます。
ネットを通じて多くの同好の方々とお知り合いになれ
以前にはなかった新しい交流の場が広がったようで面白味を感じています。
今後とも「南部蒸気のブログ」を宜しくお願いいたします。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-20 22:39 | 雑記帳

マイクロエース DF50-60

プラ完成品では長年TOMIX製品しかなかったDF50ですが
先日マイクロから茶色初期型重連と国鉄標準色晩年型の2種類が発売されました。
当鉄道に在籍しているTOMIX製と比べると別物の感があります。
一瞥すると朱色の塗装が鮮やかで綺麗に仕上りディテール表現は秀逸です。

貫通扉脇の手摺は金属製で細くなってます。扉下のステップは別部品になっていて
運転席がシースルーで淡緑色で塗られています。
側面のタブレットキャッチャーやグリル保護格子、ラジエターグリル冷却散水管が表現されています。
下回りは黒染車輪で引き締めフライホイール搭載でスムーズな走行性能の動力ユニットです。
前照灯も低速から明るく、腰高感は無くスタイルがいいですね~
▼プロトタイプは高松運転所に配属していた晩年型で前面補強タイプです。定価は6,615円です。
d0039903_16502912.jpg

▼屋根上のモニター窓はプラはめ込みでHゴムが色差しされてます。
d0039903_16523023.jpg

1エンドのタブレットキャッチャー、グリル保護格子は別部品になってます。タラップは色差しされてます。
2エンド側のラジエターグリル上部に冷却水散水管が別部品で表現されているのは流石ですね~

実車は1956年から138輌製造され特急から貨物列車牽引で北海道を除き幅広い活躍をしました。
JR四国には保存機(DF50-1)が在籍していて間近で見ることができますね。
11月にKATOから発売される予定ですので、こちらも楽しみですね~
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-18 17:08 | 鉄道模型(N)

マイクロエース キハ22

先日マイクロよりキハ22の4輌セット一般色、首都圏色、北海道色、盛岡色の4種類が発売されました。
予約していた一般色のセットが昨日入線し、本日じっくりと眺めてみました。
動力車が2輌でM+T、M+Tと2編成できるようになっています。
塗装が綺麗ですね~車体標記類も細かく、窓廻りもきれいに仕上がってます。
黒染車輪で走行性能は音も静かで低速もスムーズです。
前照灯、尾灯も明るく点灯し、消灯スイッチが床下に設けてあります。
特筆すべきことは4輌が全て細かいところが造り分けられている点でしょうか。
前照灯の違い、ベンチレーターの違い、ドアの違いと4種類の車輌に仕上がっています。
もちろん車体番号は別々です。カプラーは片側ダミー、片側アーノルドになっています。
ダミーは付属品の重連カプラーに取替えると4輌1編成が出来ます。
カプラーは何れTNかカトーNに換装しようと思っています。
DMH17形エンジンは冬期カバーを架けた状態を表現してるのでエンジン本体が見えません。
床下機器類はモールドが少しあまい感じがします。
▼キハ22-71(M) 6ベンチレーター、シールドビーム、プレスドア仕様
d0039903_16364155.jpg

▼キハ22-244(T) 7ベンチレーター、シールドビーム、プレスドア仕様
d0039903_1637147.jpg

▼キハ22-282(M) 9ベンチレーター、原型前灯、フラットドア仕様
d0039903_16401950.jpg

▼キハ22-318(T) 9ベンチレーター(反転)、原型前灯、フラットドア仕様
d0039903_16415537.jpg

タブレットキャッチャーがローカル色を強調してます。残念ながらスノウプロウが台車マウントです。

実車はキハ21を耐寒仕様として1958年から313輌製造され北海道や青森県などの東北北部で活躍しました。
現在でも茨城交通湊線に旧国鉄キハ22が在籍しますので、実車を見ることができますね。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-17 16:55 | 鉄道模型(N)

待望のDC、DL入線!

午後一番で仕事の納入を済ませ、予約してたマイクロのキハ22のセットとDF50を引取ってきました。
ついでに街コレ第4弾1セットと、ナガノから発売された昭和建物シリーズ2棟を購入してきました。
これから仕事の打上げで外出する為、インプレは後日掲載します。
DF50は期待通りの代物ですね~楽しみです。
キハ22は試験走行だけで詳しく見ていないので明日じっくり眺めて報告いたします。

甚六郎さん、業務多忙の為レスが遅れて申し訳ありません。
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-16 20:09 | 鉄道模型(N)

Nゲージ中古市場#1(蒸気機関車)

近年ネットオークションの活気のせいかNゲージのネット中古市場が確立されてきており
以前であればメーカー在庫や店頭在庫切れの製品を入手するのは困難でしたが
最近は比較的ネットオークションや通販で手に入れやすくなっているのは嬉しいことです。

しかし、人気製品はプレミアがついて定価以上で取引されてます。
マイクロのC62-2(スワローエンゼル)は最近ヤフオクで17,500円の値で落札され
C62-3は10,500円、C56-92も10,500円で最近落札されました。
C62はKATOがカタログ落ちで、C56はプラ製ではマイクロしか発売してなく
山口号でおなじみなので人気がありますね。
他にC51の本省式も根強い人気があり中古市場でも高値ですね。
KATOのC57-180は中古でも新品定価と同じ位の相場で人気商品です。

でも中古通販店の最近の値付けは人気商品でも定価以上になることは少なくなりましたね。
私は中古の動力車は保証の点で良心的な通販店での購入が主です。蒸機の中古は1輌ですが・・・

マイクロのC62は、KATOからC62が発売されると値崩れするでしょうな~
[PR]
by nanbu-sl | 2005-09-13 21:52 | 鉄道模型(N)