お手軽ジオラマ

KATOのジオタウン道路セットとTOMIXの線路を使い
トミーテックの街コレ、バスコレ、カーコレを置いてのお手軽ジオラマです。

キハ20はNゲージを始めた昭和59年に第一号として入線しました。
関水金属(KATO)製ですが、まだ現役で軽快に走行してます。
モーター音が大きいのは、逆にディーゼル機関の音と割り切っています。
先日、改良再生産された車両に比べて動力車は車輪が大きいですね。

C11は玩具問屋の三ツ星商会が特別企画として当時の関水金属に
限定製作させた車両でして、蒸機としては初めて昭和59年に入線しました。
ナンバープレートはC11 227で大井川鉄道のC11を模型化したようで
マット塗装で当時の市販品と差別化を図った出来栄えでした。
HL、BLは現在の製品と違い点灯しませんが20年経った今でも
軽快に走行している姿をみてKATOの技術力の高さを感じます。
d0039903_93158100.jpg

因みに当時の愛車は日産スタンザでして、よく故障してました。
[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-04 21:51 | 鉄道模型(N)

出し桁造りの酒店

旧水戸街道沿いにある酒店です。
出し桁の両端を化粧破風板で蓋い化粧垂木のこぐちを銅板で蓋ってます。
古きよき時代の匠の技ですね。
d0039903_8281533.jpg

KATOから発売予定の「出し桁造りの商店」にどこか似ている感じがします。
[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-04 13:22 | 建物探訪

十和田観光電鉄のバス

昭和42年当時の国道4号線を走る十和田観光電鉄のボンネットバスです。
幼なじみの友人から届いたCDに入ってた画像です。
d0039903_68684.jpg

当時、私は十和田市内に在る高校の3年生でした。
青森県内の東北本線はまだ電化されてませんでした。
[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-03 20:23 | 懐かしき鉄道情景

戦時設計のドーム

C11325の蒸気ドームは戦時設計のため食パン型の形状だったそうです。
復活に際し、平成10年に大宮工場で標準型のドームに変更されたそうです。

そういえばD51にも食パン型のドームを備えたカマもありますね。
マイクロエースから確か製品化されてた記憶があります。
[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-03 17:06 | 蒸気機関車

国鉄時代のC11 325

昭和21年に新製されたC11 325は昭和48年に米沢機関区で廃車されました。
昭和42年に米沢機関区で撮影された貴重な写真です。
ドームの形状が復活後と違ってるのが興味深いですね。

撮影者の「ふう」さんのご好意で、ここに貼ることができました。
「ふう」さんは国鉄時代にSL機関士としてご活躍され
現在はJE2DLMという楽しく、奥深いHPを運営されてます。
現役時代の蒸機の画像が沢山観られますよ。
d0039903_611536.jpg

[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-03 11:37 | 蒸気機関車

筑波鉄道跡

下館の帰り道、ふと思い立って筑波鉄道跡の
常陸小田駅跡を訪ねてみた。
昭和の末期に廃線した筑波鉄道跡は
現在サイクリングロードとして整備されているが
桜の大木で有名だった常陸小田駅は
木造の駅舎は撤去されて対向型ホームのみが
当時の面影を残していた。
出来れば駅舎は残しておいて欲しかったが
筑波よりに古いキロポストが残っていて
懐かしさがこみあげてきた。
*画像は削除しました。6月25日記事の画像を参照して下さい。
[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-02 17:03 | 鉄道風景

真岡鉄道

昨日、仕事で下館に行った際に偶然下館駅に停車中の
C11-325に遭遇!
50系客車を牽引して出発前の風景でした。

小学生の頃、陸奥湾に沿って走るC11牽引の客車に乗って
祖父母を訪ねた情景が蘇ってきました。
30代になって鉄道模型の趣味を始めたころ
最初に買った蒸気機関車が関水(KATO)のC11でした。
d0039903_17234652.jpg

[PR]
# by nanbu-sl | 2005-05-02 16:22 | 蒸気機関車