国鉄東名ハイウェイバス第1号

国鉄は東名高速道路を走行させる旅客用バスを昭和44年に運行開始しました。
第1号は日野自動車で製造され、国鉄型式は「747形旅客用自動車」と称されました。
おもしろいことに「747形」はどこかで見たことありますね~(笑)
▼つくば市さくら交通公園に静態保存されている第1号車(日野RA900P形)です。
d0039903_7571437.jpg

第1号車は昭和44年~52年まで東名、名神高速で活躍していました。
定員は乗客40名乗務員2名の42名で、冷房完備でした。
今度発売予定のバスコレ8弾の富士重工R13と似ていますね。

つくば市さくら交通公園は、つくばエキスプレス終点のつくば駅より徒歩15分位の処にあります。
入園は無料ですので、つくばにお出での際には訪ねてみてはいかがでしょうか。
なめくじタイプのD51 70も静態保存されています。
[PR]
by nanbu-sl | 2006-03-26 08:11 | 鉄道風景
<< 常総線黒子駅の春 開花宣言 >>